老朽化した建物の取り壊しや売買について

建物というのは、遅かれ早かれ老朽化してしまうものです。
老朽化したままの状態にしてしまっていると、倒壊の恐れもありますので、アパートや家が老朽化したことがきっかけで不動産売買をしたいという人も少なくありません。

アパートやマンションが老朽化しているから手放したい場合

アパートの大家になっている場合、アパートが老朽化したからアパートの解体をして更地にしたあと、不動産売買をしたいということもあるでしょう。
アパートの老朽化が理由だとしても、事前にアパートに住んでいる人達がいるのであれば、住人の人たちにちゃんと説明をしておく必要があります。
また、入居者の契約更新の6ヶ月前までに、老朽化による取り壊しの通知をしておかなくてはならないと法律で定められています。
この場合、アパートの取り壊し費用だけではなく、敷金や礼金の返還をしたり、場合によっては住人たちの新しい入居先の引越し費用などの負担などをしなくてはならないというkともあります。
これは、住人すべての世帯の分を負担しなくてはならないですので、それなりの出費になります。

また、住民が立ち退きを拒否するということもあり、住民との間でトラブルになってしまうということもあります。
例えば、子供がいる家庭なのであれば、子供の通う学校が変わってしまうことが理由で拒否するということもあります。
このような場合は、弁護士や不動産会社などに相談をするようにしてみることも検討した方がいいでしょう。
もちろん、トラブルになる前に、不動産会社等に相談をして、仲介手数料を支払って仲介をしてもらうという方法もあります。

ななみ都市開発という不動産仲介会社でも仲介手数料無しで、依頼を受けてくれますし、顧問弁護士もいますからおすすめです。
これまでに老朽化したアパートの買い取りの実績もありますから、スムーズに立ち退きをしてもらうことができるかもしれませんので、相談に乗ってもらってみてはいかがでしょうか?

借地権付建物の場合

借地権付建物の場合、建物が古くなってしまって老朽化してしまったから、借地権付建物を取り壊すか売買をしたいという場合もあるでしょうし、老朽化してしまっているから建て壊して欲しいと地主から通達されるということもあるでしょう。
また、老朽化をしているから建物を取り壊して欲しいと地主から通達されるということもあると思います。

しかし、借地権付建物を取り壊してしまうというのは相当慎重になる必要があります。
建物を壊してしまって更地にした場合、契約次第では、借地権も失われてしまうことになります。
家事などのような災害によって家が壊れてしまっているのであれば、滅失ということになりますので、借地権が失われてしまうということはないのですが、老朽化によって家が朽ち果ててしまっている場合、朽廃ということになるため、借地権が失われてしまうこともあります。

取り壊すくらいなら、老朽化した建物でも買い取りをしてくれる仲介業者に借地権ごと売却をするようにした方がいいかもしれません。
取り壊してしまうと、借地権が失われてしまうだけではなく、自分の名義の土地でもないですから、更地にしても売却をすることはできません。
ですので、取り壊し費用分だけ損してしまうことになります。
ななみ都市開発では、取り壊しにするべきか、それとも売却をするべきかなどの相談をしてくれます。
プロに相談に乗ってもらうことによって、ベストな方法を見つけることができるようになるかもしれません。

貸している土地の建物の老朽化をどうにかしたい

土地を貸していて、その土地の上に立っている建物が老朽化してしまっているから、取り壊して欲しいということもあるでしょう。
地主は借地権を持っている人に対して老朽化している建物の取り壊しを通知することができる権利を持っています。
土地を借りている側が取り壊しの拒否をするということもあると思いますが、このような場合、トラブルになってしまいやすくなります。
ですので、間に不動産仲介業者を挟むようにして、交渉をすることも検討してみても良いかもしれません。

仲介手数料を請求してくる業者もあるのですが、ななみ都市開発のように仲介手数料無料で交渉などをしてくれる業者もあります。

まとめ

老朽化した建物というのは、日に日に老朽化が進んでしまい、倒壊してしまう恐れがあります。
倒壊まではまだ至らないにしても、瓦の屋根が落ちてしまって、誰かを傷つけてしまったりするということもあります。
このように人的被害が出てしまう危険性もありますので、問題の先送りをするのではなく、少しでも早く行動をするようにして、倒壊してしまう前に老朽化した建物の問題を解決するようにしましょう。
まだ老朽化したくらい程度なのであれば、取り壊しをしなくても買い取ってもらえるということもありますので、早めに手を打つことを強くおすすめします。